レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:05-7-17

今日の午前中、久々にこんな夢を見ました。

おれは夢の中で学生に戻ってて、
4~5人のグループの中にいつもいて、
その子たちと常に行動していたようです。

だけどある日、おれの知らない間に
グループでの旅行の話しが進んでをしていたのを偶然耳にします。

「どうしておれ一人がそれを知らないの!?」
っておれは夢の中で、あまりの悲しさに号泣するんです。
皆黙ってしまって、誰一人何も言ってくれません。

夢の中で、
おれはやっぱり皆に嫌われているから誘われなかった!
おれはどんなに頑張っても愛されないんだ!!

…そんな思いを持ちながら、明け方目覚めました。
目覚めたのは、
自分がすごく泣いているのに気づいたからだと思います。

隣にいる旦那を起こさないようにしていましたが、
しゃくりあげて涙が止まらなかったおれの嗚咽に、
旦那が気づいてしまったんですよね。

それが午前中の5時くらい。
そのまま起きるまでふとんの中で
旦那に話を聞いてもらいました。

おれは学生時代に
ひどいいじめを受けていた思い出が強烈すぎて、
1週間に一度ほどの頻繁な割合で、あの頃の夢を見ていたんです。

今日の朝見たようなものではなくて、実際にいじめられている夢。
本当に毎回リアルで、すごい悲しみに包まれた夢ばかりでした。

そしておれは、必ず自分の嗚咽で起きるんです。
「ああ、あれは夢だ…もうこんなことは実際にないはずだ…」
という安心感と…

「またこんなことが起きる暗示なの?」
という不安感がいりまじった感情で
目が覚めてもすっきりしなかったのを覚えています。

旦那と結婚してからは
見なくなっていたのですが、久々にいやな夢を見ました。

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシック後の効果が安定する期間
老眼の悩みもレーシックにお任せ
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシックで遠視の矯正も可能
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で終わるレーシック手術